LANGUAGE

ショップ最新情報ショップ最新情報

冬の醍醐味、到着ですo(^▽^)o

市田柿

下伊那を代表する名物「市田柿」が入荷しました(^-^)/。待ちに待った、冬の醍醐味の到着です。
何故に「市田柿」と言うのか?…
今の下伊那郡高森町は昔「市田村」と言われ、天竜川を根底とする河岸段丘が広がっており、朝晩の寒暖の差が激しく、また長い日照時間を利用して干し柿作りが盛んに行われていました。干し柿を作るのにとても適した風土だったんですね。もとは渋柿なんですが、粉(こ)が吹いてこんなにも美味しくなるんですよ。
これから春先まで、数社による市田柿をご案内致します。

先ずは アグリスタくましろさんから
・市田柿 和紙包み 200g 900円(税抜)
・市田柿 2個入り 260円 (税抜)

  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語
  • 長野とあんず