LANGUAGE

ショップ最新情報ショップ最新情報

春を告げる 郷土のおやつ

やしょうま長野県では、北部地域を中心に昔から毎年春になると作られている米粉を使ったおやつがあります。まるで花を咲かせたかのような2品が銀座NAGANOの店内を彩っていますよ。

ひとつが、お釈迦様が入寂された日にお供えする「やしょうま」。フライパンやトースターで温めて、お好みのお味でお召し上がりください。

もうひとつが、砂糖にみじん粉(もち米を粉にしたもの)あるいは寒梅粉(白焼き煎餅を粉にしたもの)を使った「雲平」です。

この時期ならではの、信州の風物詩を楽しんでみませんか?

やしょうま[坂井郷土食研究会] 200g 652円(税抜)

雲平[中央食品工業] 200g  500円(税抜)

  • 信大クリスタル®
  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語
  • 長野とあんず