LANGUAGE

ショップ最新情報ショップ最新情報

信濃路うさぎやの銘菓「くるみそば」が復活! 銀座NAGANOでも販売を再開しました!

銀座NAGANOでは6月より、信濃路うさぎやの銘菓「くるみそば」の販売を再開しました!

2021年7月、惜しまれながらも約70年の歴史に幕を下ろした長野県上田市の菓子製造販売「信濃路うさぎや」ですが、2022年2月、同じ上田市で農産物の生産・加工販売を行う「ずくだせ農場」が屋号と事業を継承し、製造と営業を開始しました。

うさぎやを代表する「くるみそば」を作るのは、以前の「信濃路うさぎや」で働いていた職人さんたち。機械も製法も以前のままで、味はもちろん、野の花が描かれている包装紙も変わっていません。

くるみそば

▲上田のお土産の定番ともいえる「くるみそば」。上品な甘さに練り上げられた白餡が、しっとり焼き上げられたそば粉(石臼引き信州産そば粉100%使用)の皮で包まれています。上にまぶされた“くるみ”が食感と味のアクセントに。

うさぎやの「くるみそば」は根強いファンも多く、これまで多くの方に親しまれてきました。
ファンのみならず、今回初めて知る方も、ぜひ一度召し上がってみてはいかがでしょうか♪

信濃路うさぎや(ずくだせ農場)
「くるみそば」
・1本 670円
・ミニ 230円

■営業時間 10:30~19:00

  • 銀座NAGANOで「これ、バズりました」特集
  • 信大クリスタル®
  • li class="slide">フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語