LANGUAGE

ショップ最新情報ショップ最新情報

銀座NAGANO 唎酒師・玉岡あずみの
今宵楽しむ 酒と肴

~酒呑めば 鐘が鳴るなり 善光寺~

秋も深まり、ゆっくりとお酒を楽しみたい季節になってきました。
今回は「良いものをちょっとずつ楽しみたい」というご要望にお応えするお酒をご紹介。

今年の全国新酒鑑評会では、長野県から33蔵が入賞。
そのうち7蔵の大吟醸酒が飲みきりやすい300mlのボトルになりました。
しかも銀座NAGANOのために、鑑評会に出品されたものと同一のタンクのお酒を詰めたというプレミア品です。
720mlでは1万円近くするようなお酒も300mlにすることでお手に取りやすいお値段に。

「北光正宗」(1,788円)
「信濃光」(1,300円)
「秀峰喜久盛」(790円)
「アルプス正宗」(1,980円)
「高天」(1,650円)
「御湖鶴」(1,980円)
「中乗さん」(1,650円)

の7銘柄をご用意。

tsunagu_sake

上質なおうち時間を楽しみたい今だからこそちょっとした贅沢、してみませんか?

 

(銀座NAGANO情報マガジン「つなぐ」2020年11月号掲載)

 

  • 信大クリスタル®
  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語
  • 長野とあんず