LANGUAGE

銀座NAGANOのご案内銀座NAGANOのご案内

【特集記事】長野とあんず vol.3
加工品開発とブランド化で広くおいしさを伝えたい

株式会社横島物産
専務取締役 横嶋 孝子さん

国内屈指のあんずの産地、千曲市森地区では古くからあんずが地域の人たちに愛され、守られてきました。この美しい景観を守るため、あんず栽培や加工品作りに情熱を燃やす人がいます。

「50年ほど前、母が自分の家で採れたあんずでジャムを作り、親戚や友人にお福分けしていました。美味しいと喜んでもらえるのがうれしく、当時は生あんずを店頭で販売するかたわらジャムを作っていたそうです」と話すのはあんずの栽培から加工、販売まで一貫して行う横島物産の専務取締役 横嶋孝子さん。

横嶋孝子さん

横嶋孝子さん

「一目十万本」といわれる森のあんずを楽しんでほしいと春はお花見、夏にはあんず狩りをおこなうとともに、六次産業化の言葉もない頃から自社のあんずを使用した加工品を作り、観光型六次産業化へと発展させていった横島物産。現在、50〜60種類もの商品を手掛ける同社の加工品の元祖が、お福分けのジャムであり、これが呼び水となってドライフルーツなど他の商品の知名度も上がっていったそう。

商品は、自社農園の低農薬で栽培したあんずを中心に、近隣の契約農家のものも使用しています。高齢化が進み、後継者不足が目立ちはじめた森地区のあんずをなんとか継続させたい思いで30年ほど前から「契約農家」制を採用。現在では約15軒の農家からあんずを買い取り、流通させ収益を生むサイクルを通じて、生産者の栽培のやりがいにつながればと考えています。

「やはり収穫の最盛期に生であんずを食べていただくのが理想ですね。しかし、旬の時季は限られています。加工して変身させることで、年間を通じてあんずを楽しんでほしいと様々な加工品を作っています」と横嶋さん。

旬の時季には生あんずも販売

旬の時季には生あんずも販売

多数あるオリジナル商品の中でも「干しあんず」は特に力を入れている商品。昔から森地区のほとんどの家庭には必ずあんずの木があり、収穫したあんずを半分に割って種を取り、天日干しにしたものが一年を通じて食べられてきたそう。食物繊維が豊富なだけでなく、乾燥させることでβカロチンは生あんずの60倍にもなるといいます。

「昔の人の知恵ってすごいですよね。見た目が悪いと敬遠された時期もあったのですが、最近は低糖志向の方が増えてきて、お砂糖を使わない干しあんずが再注目されているんです。昔から親しまれている干しあんずが世代を超えて喜んでいただけていることを実感しています」

手作り干しあんず

また、あんずの種が咳などに効果があるといわれていたことから、江戸時代から松代藩ではあんず栽培が奨励されていました。そんなエピソードから横島物産では、あんずの種(杏仁)の風味を楽しんで欲しいと、種をつけたまま丸ごと「シロップ漬け」に加工しています。

「昔からお茶請けには必ず漬物代わりにあんずのシロップ漬けや干しあんずの甘煮などが出てきました。それほどあんずはこのあたりの家庭の日常にとけこんだ食でした。私達の商品もそんな風に日常の中で楽しんでもらえたら」
そんな思いであんずの魅力を発信しているそうです。

(左)森産あんずを使用した「杏シロップ漬」 (右)杏シロップ漬のシロップをソーダで割りミントを添えたアレンジドリンク

(左)森産あんずを使用した「杏シロップ漬」
(右)杏シロップ漬のシロップをソーダで割りミントを添えたアレンジドリンク

昔の人の知恵も大事にしながら、時代にあった新しいエッセンスを取り入れるとともに、品種ごとに異なる特性をいかした商品作りを心掛けているのも横島物産の特徴。たとえば、果肉がしっかりしていて、昔から塩漬けにされていた「昭和」。歯ごたえが特徴の「昭和」の塩漬けと白あんで作る「あんず羊羹」は、食感がアクセントとなっている人気商品です。

あんずようかん

横島物産では、千曲市やJAなどによる千曲市のあんずの知名度向上を目的とした「杏都ブランド」や「千曲ブランド」といった事業にも発足当時から関わっています。特にハーコットの商品化を進め、認知度を高め、ブランド化を目指すハーコット協議会「杏月(きょうづき)」では横島さんもメンバーのひとりとなって活動しています。千曲市の加工事業者にハーコットの原料を配布し、それぞれに商品を作るなど、地域一丸となってハーコットを盛り上げる試みなのだそう。ときには新宿高野やJRなど、首都圏に出向きハーコットの魅力を伝えるセミナーやイベントも開催しています。

「 “日本一のあんずの里”と言われている千曲市森地区の景観を次世代に残していけるよう、商品づくりをはじめとした取り組みに力を入れていきたい」と力強く語る横嶋さん。

今日も新たな商品を生み出すべく、奮闘しています。

 

※この記事は2022年6月時点の情報です。取扱商品等は変更になっている場合がございますので、ご了承ください

 
  • 長野とあんず
  • lifestyle of Shinshu 信州ブランドアワード2021受賞者決定 新時代を拓く信州ブランド
  • lifestyle of Shinshu 商店街、温泉、酒蔵など、見どころ満載!諏訪、ぶらり散歩のすすめ
  • lifestyle of Shinshu 長野でも、銀座でも。善光寺門前スイーツめぐり
  • lifestyle of Shinshu 岡谷で紡がれる新しい歴史 信州シルク物語
  • lifestyle of Shinshu チーズに感じる信州のかおり うまいチーズは“山”にあり
  • lifestyle of Shinshu 日本代表シェフはなぜ信州に魅了されたのか 信州の里山イズム、世界へ
  • lifestyle of Shinshu “そば文化”のルーツは信州にあり!?信州そば歴史探訪
  • lifestyle of Shinshu 革新と伝統どちらがお好み?信州が誇る高級ぶどう
  • lifestyle of Shinshu 信州ではじめる 新しいつながり自分らしい暮らし
  • lifestyle of Shinshu 伝統の滋味に出会う この夏食べたい絶品野菜
  • lifestyle of Shinshu 信州ブランドアワード2020大特集 信州ブランドを支える珠玉の逸品
  • lifestyle of Shinshu さあ、爽快を味わおう!新緑と楽しむ ナガノシードル
  • lifestyle of Shinshu 春の野山は幸せいっぱい!信州の山菜で感じる大地の息吹
  • lifestyle of Shinshu 白銀の豪雪地へ 雪中で熟成される至極の味
  • lifestyle of Shinshu 信州の冬の必需品 こたつ、日本茶、野沢菜漬け!
  • lifestyle of Shinshu うまい料理はよい調味料から ここに極まれり!信州の醤油たち
  • lifestyle of Shinshu どんどんうま味があふれ出す!長野の地鶏がおいしい理由
  • lifestyle of Shinshu 令和元年東日本台風から1年 もう一度“おいしい”を届けるために
  • lifestyle of Shinshu 冬だけじゃない!長野県産「夏秋いちご」の挑戦
  • lifestyle of Shinshu 人にも環境にもやさしい 自然の力を生かし”おいしい”を育むナチュラルファーマーたち
  • lifestyle of Shinshu きのこ生産量日本一!夏こそ食べたい、夏においしい長野県のこだわりきのこ
  • lifestyle of Shinshu 上質なおうち時間を楽しもう 新しい日常に木曽漆器の彩りを
  • lifestyle of Shinshu 早春賦の情景が広がる わさびの里 安曇野へ
  • lifestyle of Shinshu 大豆の究極の姿が長野県にあった!? 今、「凍り豆腐」が熱い!
  • lifestyle of Shinshu ただいま狩猟解禁中 冬の食の新定番「信州ジビエ」いただきます
  • lifestyle of Shinshu 合言葉はONE NAGANO 復興へ想いをひとつに
  • lifestyle of Shinshu こだわりのつくり手を訪ねて 料理家と巡る食と農の旅
  • lifestyle of Shinshu 「つなぐ」の表紙で振り返る 銀座NAGANO 5年間の歩み
  • lifestyle of Shinshu 銀座の中心で信州を説く食の伝道師たち
  • lifestyle of Shinshu おいしい!に出会える標高1000mへ 天空の地に育つ極上の野菜たち
  • lifestyle of Shinshu 長野で生まれる新たな息吹 伝統工芸の革新者たち
  • lifestyle of Shinshu みんなで考えよう!地域のこと、環境のこと、未来のこと NAGANO発、SDGs
  • lifestyle of Shinshu 生産量日本一!スーパーフード〈はちみつ〉のヒミツ
  • lifestyle of Shinshu 平成って あんなこと こんなことあったよね 長野県のしあわせトピックス
  • lifestyle of Shinshu 自分らしく、生きてみる。銀座経由、信州暮らし
  • lifestyle of Shinshu 見た目で選んだら中身もすごかった!信州パケ買いカタログ
  • lifestyle of Shinshu スノーリゾート信州へ!温泉街そぞろ歩きで見つけたおいしいもの、かわいいもの
  • lifestyle of Shinshu ものづくりの技が生んだ信州の暮らしに寄り添う雑貨たち
  • lifestyle of Shinshu 新蕎麦の季節到来!ほれ、食わず おらほ自慢の信州蕎麦
  • lifestyle of Shinshu 発酵でHAPPY!“発酵×発酵”が拓く、新しい食の世界
  • lifestyle of Shinshu 信州の初秋を彩る新フルーツ 驚き!すももの木!りんごの木!
  • lifestyle of Shinshu 野菜どっさり、ご飯がうまい!信州で楽しむ夏の味、故郷の味
  • lifestyle of Shinshu 今こそ飲もう、信州のビールを!
  • lifestyle of Shinshu 雨が降っても出かけたい!信州で楽しむ体験の旅
  • lifestyle of Shinshu 祝!「信濃の国」県歌制定50周年 信濃の国のご当地商品&あるある伝統