LANGUAGE

ショップ最新情報ショップ最新情報

銀座NAGANO ソムリエ・花岡純也の
avec du NAGANO WINE

家飲みやプレゼントにハーフボトルの紅白セットはいかが
 
少しずつ春の足音が近づくワイナリーでは、現在、剪定作業が進められています。
剪定は収穫時や来年以降の成長をイメージしながら、今年伸ばす新梢を選び余計な枝を切り落とす、ワイン造りのスタートともいえる大切な作業です。
今回は山形村の大池ワインから発売される新シリーズ「Lapin(ラパン)」をご紹介。
オーナーの藤沢家に伝わる懐刀に描かれたうさぎ(Lapin)から命名され、白ワインには右向きに座ったうさぎが、赤ワインには左向きに立ったうさぎが描かれた可愛らしいラベルがあしらわれています。

Lapin

(右向きに座ったうさぎ…白ワイン 左向きに立ったうさぎ…赤ワイン)

初回リリースされるのは「シャルドネ」「シャルドネスパークリング」「ヤマソーヴィニヨン」「ヤマソーヴィニヨンスパークリング」の4種類(各1,650円)で銀座NAGANOでは3月8日より先行発売中です。
ハーフボトル(375ml)の小瓶シリーズなので、家飲みにも最適ですし、紅白対にしてプレゼントにしてもきっと喜ばれますよ。

(銀座NAGANO情報マガジン「つなぐ」2021年4月号掲載)

 

✅information
「大池ワイン」の『オンライン ワイナリーツアー』を3月27日(土)に開催します。
新シリーズ「Lapin」など大池ワインのワインを飲みながらお楽しみください。
▼詳しくはこちら
https://www.ginza-nagano.jp/event/46007.html

  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語
  • 長野とあんず