LANGUAGE

イベント情報イベント情報

信州「粉もん」づくり講座 第10回 “野沢菜のおやき”

  • 予約制(有料)
  • 見学可

山々に囲まれた信州。
特に山間部の地域では、古くより小麦粉やそば粉などを使った独自の「粉もん」(粉食)文化が育まれました。
素朴でなつかしく、知恵の詰まった昔ながらの伝統が今、改めて見直されています。
一方では、現代のライフスタイルに新しくて美味しい粉もんも次々と誕生。
そんな信州の「粉もん」を学び、作り、味わってみてください。

野沢菜漬け、野沢菜蕪のおやき
全国的にも有名な「野沢菜」ですが、そのルーツは京都にあると言われているのをご存じですか。
野沢温泉の健命寺の住職が京都へ遊学した際、「天王寺蕪」の種を持ち帰り、野沢温泉の地で栽培をしたところ、茎の部分が大きく成長し、現在の形になったと伝えられています。
信州ではこの野沢菜を漬けたものを「お葉漬け(おはづけ)」と呼び、晩秋には各家庭ならではの漬け方で冬の間、お葉漬けを楽しみます。
その蕪も掘り返して乾燥させ、かつては冬の間の保存食として重宝されていました。
今回はこの「野沢菜蕪」を使ったこの時期ならではのおやきと、定番「野沢菜漬け」のおやきを「焼き蒸かし」と「蒸かし」の製法で作ってみましょう。

次回(第11回)予告
開催日 2月11日(土)

申込受付開始 1月16日(月)
メニュー やしょうま

協力:信州おやき協議会
信州おやき調査隊|おやきの人気店調査・口コミ情報サイト http://www.shinshu-oyaki.jp/
公式フェイスブック https://www.facebook.com/shinshuoyaki/timeline

このイベントは定員となりました。 現在キャンセル待ちを受付中です。
キャンセル待ちを希望される方は下記お問い合わせ欄の「メールでのお問い合せはこちら」より、以下の項目の内容を記載してメールをお送りください。
【メール記載項目】
件名には「121日 粉もん講座キャンセル待ち」と記載し、本文には必ず以下の内容を記載してください
・氏名(フリガナ)
・年齢(任意)
・住所(都道府県名のみで可)
・電話番号(日中連絡が取れる電話番号を記載してください)
・Eメールアドレス
・参加人数
※キャンセル待ち受付:1月20日(金)正午までとなります。
※受付の順番はお申し込み順とします。
ご参加いただける場合には、メールまたは電話にてご連絡をさせていただきます。

ゲスト
  • 講師:ふきっ子おやき 小出陽子さん(信州おやき協議会会長)

    川中島地方に古くから伝わる製法で作られた、手作り無添加で安心安全なおやき。
    柔らかいのにもちもちした食感で、油分も少なくあっさりしている。
    旬の野菜をたっぷり使い、味のバリエーションも豊富。
    季節限定ものもあるので、気軽に問い合わせを。

    ホームページはこちら

  • 元祖信州おやき 江口史恵さん(信州おやき協議会正会員)

    道の駅信州新町内にあるこんがり香ばしい「焼きおやき」のお店。地元のお母さんが作る新鮮野菜を具材に、水と小麦粉だけで練った生地は噛むほどに小麦粉の味が広がる。季節限定品も多数。心待ちにしているファンも。

    ホームページはこちら

  • 開催日2017年01月21日(土)
  • 時間17:30~19:30(開場17:20)
  • 定員各24名(申込先着順)
  • 参加費2,000円
  • お問い合わせ銀座NAGANO TEL 03-6274-6015
    メールでのお問い合わせはこちら※お問い合わせの際は、件名に「イベント名」と「開催日」をご記入ください
  • 備考「エプロン」、「バンダナ」、「ハンドタオル」を持参してください。 粉が着いても差し支えのない服装でお越しください。
  • lifestyle of Shinshu 雨が降っても出かけたい!信州で楽しむ体験の旅
  • lifestyle of Shinshu 祝!「信濃の国」県歌制定50周年 信濃の国のご当地商品&あるある伝統
  • lifestyle of Shinshu 生誕の地、松本で出会う 草間彌生のめくるめく世界
  • lifestyle of Shinshu 日本ジャムのルーツは信州にあった!?
  • lifestyle of Shinshu 情熱が咲かせる 美しい信州の花
  • lifestyle of Shinshu 水と米、伝統と個性で醸される、信州の地酒
  • lifestyle of Shinshu あなたと創る栄村秋山郷の未来プラン