LANGUAGE

イベント情報イベント情報

信州「粉もん」づくり講座
「やしょうま」

  • 予約制(有料)

2月は「やしょうま」を作りましょう!


やしょうまは2月15日(または3月15日)お釈迦様の亡くなられた日、涅槃会にお供えする細長い餅の名です。
呼び方、作り方や形、材料は各地で様々ですが、長野県のほぼ全域で見られます。
呼び方は「やしょうま」「やせうま」が一般的で、通称「やしょんま」「やしょ」と呼んでいます。
北信地域ではゴマや青のりを練り込んで「松かさ」型に仕上げるやしょうまが主流ですが、中信地域では巻き寿司型の、色鮮やかな絵柄やしょうまが作られています。

今回は「松かさ」と「うずまき」のやしょうまを作りましょう!

(写真はイメージです。)

※当日はエプロン、三角巾、タオル、「やしょうま」をお持ち帰りするための容器をご持参ください。

※イベント開催にあたり、マスクの着用等の感染防止対策にご協力をお願いい たします。

ゲスト
  • 小出陽子さん

    長野市在住。おやき専門店「ふきっ子おやき」店主。信州おやき協議会会長。
    銀座NAGANOにて「粉もん講座」の講師も務め、信州のさまざまな粉もん郷土食を伝授。

    ホームページはこちら

  • 開催日2024年02月27日(火)
  • 時間14:00~16:00
  • 定員18名(申し込み先着順)
  • 参加費3,000円
  • お問い合わせ銀座NAGANO TEL 03-6274-6015
    メールでのお問い合わせはこちら※お問い合わせの際は、件名に「イベント名」と「開催日」をご記入ください
  • 備考お子様とご参加される場合は、その旨を「特記事項」欄にご記入をお願いいたします。
  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語
  • 長野とあんず