LANGUAGE

ショップ最新情報ショップ最新情報

高山村の生ハムが今年もやってきました(*^o^*)

11月に入って木々の葉も色づき、街の装いもいつのまにかクリスマスモードに。
今年ももう終わりなんだなぁと思うとやっぱり名残惜しさを感じる銀座NAGANOバルカウンターの山本です!
皆さまこんにちはヽ(*´∀`)

バルカウンターには、昨年もご好評頂きました、
高山村の生ハム工房「TONYA」の生ハムが今年もやってきました!

image1.cleaned (3)「TONYA」の佐藤明夫さんは、高山村のワイン用ぶどうの栽培をしていますが、標高800メートルの冷涼な福井原地区の気候を活かし、2013年12月に生ハム工房をスタート。

国産の粗塩のみでつくる生ハムは、とても人気で、すでに来年の出荷分も予約でいっぱいだそうです!

今回、銀座NAGANOにやってきたのはオレイン豚熟成20ヶ月。
程よい塩味と旨味がお酒との相性抜群です!

一皿800円(税込)でご案内しております。
ぜひお試しくださいませ(^ ^)

  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語
  • 長野とあんず