LANGUAGE

イベント情報イベント情報

菱田春草と同い年!! 生誕150年 日本画家『池上秀畝(いけがみ しゅうほ)』アートこぼれ話

  • 見学可
  • 予約優先

“高精細画人”の魅力を学芸員が紹介!

2024年に生誕150年を迎える日本画家・池上秀畝。これを記念して各地で池上秀畝の企画展が計画され、作品や画業など画家のさまざまな側面が紹介されます。

本イベントでは、秀畝の画業を紹介しつつ、展覧会の企画にかかわった学芸員がこぼれ話も交え、池上秀畝の魅力を紹介します。
秀畝の作品を知っている人も知らない人も、その面白さをちょっと気楽に、美術の話と作品の魅力をひもといてみませんか。

当日会場には秀畝ゆかりの、出身地・伊那市の茶菓をご用意します。
美味しく飲みながら、午後のひとときをお楽しみください。

<イベント内容>
〇2024年は池上秀畝生誕150年!今どき知らない池上秀畝の画業をおさらい
〇日本画家・池上秀畝をはぐくんだ町『伊那市・高遠町』を紹介
〇学芸員たちが語る池上秀畝の作品の魅力 横山大観にも負けてない?
〇PR動画初お披露目
〇その他(当日参加者全員に以下をプレゼント!)
 高遠城址公園さくら祭り城址公園入園券(1枚)
 伊那市内*3会場の池上秀畝展ご招待券(各1枚)
 (*長野県伊那文化会館、信州高遠美術館、伊那市立高遠町歴史博物館)

<話し手>
加藤陽介(練馬区立美術館 学芸員)、福澤浩之(伊那市立高遠町歴史博物館 学芸員)、松浦千栄子(長野県立美術館 学芸員)、木内真由美(長野県伊那文化会館 学芸員)

【池上秀畝とは…?】
池上秀畝は、明治の終わりから、大正、昭和の戦前期まで活躍した日本画家です。
現在ではその名を知る人も少なくなりましたが、当時は上流階級から一般庶民まで、様々な人々がその作品を目にし、注文し、楽しみました。秀畝は多作・早描きで知られ、官営展覧会には屏風(六曲一双)を毎回2セット(2双)出品し、また皇族や展覧会場での席上揮毫(その場で即興的に作品を描くこと)も盛んに行いました。

  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語
  • 長野とあんず