LANGUAGE

イベント情報イベント情報

第2回カチューシャの唄の日記念祭

  • 予約制

①元タカラジェンヌ・朱紫令真さん(長野市出身)による『カチューシャの唄』 ②新作アニメーション『カチューシャの誕生』上映会 &アフタートーク③早大研究員による記念講演

毎年3月26日は「カチューシャの唄の日」と呼称されております。劇団芸術座の舞台「復活」で劇中歌『カチューシャの唄』が松井須磨子により初めて歌唱された大正3年(1914)3月26日に由来します。そして本年2024年はカチューシャの唄生誕110年ということもあり、気持ちを引き締めて顕彰活動に邁進しております。

今回の豪華プログラムは、①元タカラジェンヌ・朱紫令真さん(長野市出身)による『カチューシャの唄』の歌唱、②当協会が制作した新作アニメーション『カチューシャの誕生』(出演:朱紫令真、脚本:瀬尾宙、堀川健仁、監督:瀬尾宙、制作:一般社団法人松井須磨子協会)上映会とアフタートーク、③早稲田大学演劇博物館招聘研究員・後藤隆基さんによる講演『カチューシャの唄生誕110年』です。

皆様と会場でお会いできることを心より楽しみにしております。
一般社団法人松井須磨子協会代表理事 堀川健仁

主催:一般社団法人松井須磨子協会
後援:長野県、中央区、早稲田大学演劇博物館

【ご予約】下記リンクかQRコードからお願い致します。
https://forms.gle/XQMBxtiAmVjbZWbs8
※満席となりました。キャンセル待ちとなっております。

【お問い合わせ】
matsui.association@gmail.com

ゲスト
  • 朱紫令真さん(元宝塚歌劇団星組男役、長野市出身)

    長野市出身。2014年に宝塚歌劇団100期生として入団し、星組に配属。男役として数多くの舞台で活躍し人気を博す。2023年春に退団し、帰郷。「大好きな信州を盛り上げたい」と精力的に活動している。本記念祭のスペシャルゲストとして、長野市出身の松井須磨子が歌い、中野市出身の中山晋平が作曲した『カチューシャの唄』を歌唱。

  • 瀬尾 宙さん(映像作家)

    映像作家。企画から制作までを手掛け、様々な表現手法で独自の「伝え方」を追求。新しい視点からの映像表現に挑戦している。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。

  • 後藤隆基さん(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)

    1981年静岡県生まれ。立教大学大学院文学研究科日本文学専攻博士後期課程修了。博士(文学)。専門は近現代日本演劇・文学・文化。現在は立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター助教、早稲田大学演劇博物館招聘研究員。本記念祭では講演『カチューシャの唄生誕110年』を担当。

  • 銀座NAGANOで「これ、バズりました」特集
  • 信大クリスタル®
  • li class="slide">フランス人食材研究家の長野テロワール旅
  • 麹が拓く食の新たな可能性
  • 踊らまいか!信州の風流踊り
  • 信州ブランドアワード2022受賞者決定
  • なぜ信州味噌なのか
  • 長野のご当地パン 牛乳パンの魅力に迫る
  • 信州の酒はテロワールを語る
  • 信州の肉を喰らう!第2弾
  • 南信州の人々と風土が育む「市田柿」(WEB限定記事)
  • 信州の肉を喰らう!第1弾
  • 制約を乗り越え旨くなる長野の米づくり
  • 里山のクラフトジン
  • NAGANO WINE物語